yaritori(ヤリトリ)| チームのための新しいメールサービス

情報共有の効率化!!問い合わせ管理ツールの活用方法とは

問い合わせ管理ツールを活用する企業が増えています。企業において対応する問い合わせ案件が増え、対応内容の幅が格段に広がっていることが要因です。

問い合わせ管理ツールは、業務を効率的に進めるためには必要不可欠なツールです。問い合わせ管理ツールを正しく活用することで、業務効率が向上し、情報共有に無駄な時間もなくなります。さらに、問い合わせ内容を管理し共有することで、対応を一元化し、対応の質の向上にも繋がるツールなのです。

では、問い合わせ管理ツールとはどのようなものなのでしょうか。どのように活用することで、業務を効率的に進めることができるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

問い合わせ管理ツールとは

問い合わせ管理ツールとは、お客さまからの問い合わせ情報を一括で管理することができるツールのことをいいます。問い合わせが大量にある業務の場合は、どうしても管理が疎かになってしまい、業務を円滑に進めることができなくなってしまいます。問い合わせ管理ツールを活用することで、大量の問い合わせ内容を管理することができるため、業務の効率化にも役立つツールなのです。

問い合わせ管理ツールを利用する事で、可能となることがいくつかあります。まずは、必要な情報を容易に検索することが出来るという点です。無駄な時間をかけることなく、迅速に、その時に必要な情報を検索し、活用することができるため、大幅な時間短縮へと繋がります。特に、顧客対応が必要な業務では、対応中に顧客情報を検索することができるため、業務の効率化だけではなく、顧客満足度や対応の質の向上にも貢献できるツールとなるのです。

問い合わせ管理ツールは、顧客情報を管理することも可能です。顧客の詳細な情報を登録し、検索することができます。必要な時に、必要な情報を得ることが出来るため、とても便利なツールと言えるのではないでしょうか。

また、外部からのアクセス防止をすることも可能となります。閲覧や操作を制限し、管理することができます。データ共有をする上で一番懸念されることは、情報漏洩です。セキュリティ面において安心できなければ、導入には踏み切ることは難しいですよね。問い合わせ管理ツールの場合、外部からのアクセスを防ぐこともできるため、セキュリティ面でも安心できることは、とても大きな強みと言えるでしょう。

問い合わせ管理ツールの選び方

問い合わせ管理ツールには、様々な特徴があり種類があります。自社のニーズによってどのツールが適切なのかを正しく判断することが必要となってくるのです。では、問い合わせ管理ツールの選択のポイントについて、詳しくみていきましょう。

まずは、業務に必要な機能が揃っているのかどうかを分析することです。自社のニーズと問い合わせ管理ツールの特徴がマッチしているかどうかはとても重要です。まずは、問い合わせ管理ツールを活用する目的を明確にしていきましょう。そして自社に適した問い合わせ管理ツールを選択していきましょう。

またビジネスにおいて、問い合わせ管理ツールで注意しなければいけないことは、セキュリティ面です。情報漏洩が起こってしまっては取り返しがつかないのです。セキュリティ面が万全かどうかは十分に確認する必要があります。

問い合わせ管理ツールを選択する時、複数のツールで迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。問い合わせ管理ツールには、トライアル期間を設けているツールも多くあります。トライアル期間を活用し、自社に合ったツールを検討しましょう。

また、運用後のサポート体制が十分に整っているかどうかも重要です。問い合わせ管理ツールのサポート体制が整っているほうが、安心して使用できますよね。運用後のイメージを具体化し、問題や懸念事項を解決していく必要があるのです。

問い合わせ管理ツールの活用方法

問い合わせ管理ツールを導入するべきか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。導入することで、どのようなメリットがあるのか、自社のニーズや目的により、問い合わせ管理ツールの必要性も異なります。では、問い合わせ管理ツールのメリットについて、詳しく見ていきましょう。

まずは、問い合わせ内容の一元化です。内容を一元化し、すぐに把握できるようにするのです。さらには、過去の履歴を簡単に確認することもできます。過去の対応を共有することで、誰でも対応することが可能となり、それぞれの対応に差が生じてしまうことを防ぐ効果もあるのです。

また、業務の引き継ぎの際も大きな役割を果たします。業務の引き継ぎはとても大変な作業ですよね。問い合わせ管理システムを活用することで、業務を効率化することができ、引き継ぎ作業もスムーズになるのです。

さらに対応漏れや二重対応などの細かなミスを防ぐことが出来ます。対応漏れや二重対応が重なってしまうと、顧客への信頼も失ってしまうのです。そのようなミスを防ぐためにも、問い合わせ管理ツールは必要不可欠な存在なのです。

問い合わせ管理ツールは、それぞれの対応状況をステータス管理し、把握することができるため、どの案件が緊急なのか、今の進捗状況はどのようなものなのかを把握することができるのです。このような徹底した情報共有が、高い顧客満足度へと繋がっていくのです。

また、対応方法をナレッジとして蓄積することができるのは大きな武器となります。一人一人が属人的に情報を管理してしまうと、他の人との共有が出来ません。チームの中で、情報や対応を共有することはとても大切なことなのです。

問い合わせ管理ツールは、情報の属人化を防ぎ、ナレッジとして過去のデータを蓄積していくことが可能なのです。その情報を共有することで、対応の一律化を図ることが可能となり、対応の質の向上へと繋がっていくのです。

今までの対応履歴を蓄積することは、とても大きなメリットとなります。また、対応履歴をっツール内で確認できることで、対応の迅速化にも繋がり、ユーザーからの安心と信頼に繋げることができるのです。

従来のメールソフトでは、具体的な詳細までは蓄積することはできません。データ化する場合は、Excelなどの別のソフトに残す必要があり、手間と時間がかかる方法でした。データを残す作業だけでも疲弊してしまいますよね。

しかし、問い合わせ管理ツールは、容易にデータを収集することが可能なのです。問い合わせ管理ツールを有効に活用することで、業務を効率化し、無駄な時間を短縮することが出来るのです。

問い合わせ管理ツールには様々な活用方法があります。問い合わせ管理ツールを活用することで、業務を効率化することができるのです。業務の効率化は、対応の迅速化を実現させます。対応に無駄な時間がなく、スムーズに対応することは、顧客満足にも繋がるのです。

また、対応内容をスタッフ間で共有することで、対応に差をなくします。対応を一律化することで、スタッフの対応力の底上げを図ることも可能となるのです。過去のデータの蓄積は、今後の対応を効率的に行うためには、必要不可欠な情報なのです。その情報を共有し、準備をしておくことは、とても大きな強みとなることでしょう。

まとめ

さて、問い合わせ管理ツールについて詳しく見ていきましたが、いかがでしたでしょうか。問い合わせ管理ツールは、ここもと広く普及しています。従来の共有方法では、多くの時間と手間を必要とするため、体も心も疲弊してしまい、ミスを引き起こしてしまうリスクがあり、情報や対応の共有が疎かになると対応の雑さが顧客の不満へと繋がってしまうのです。

スタッフが情報を共有しやすい仕組みが必要です。問い合わせ管理ツールは、情報や対応内容の共有のみならず、過去データの蓄積をすることも可能となります。

問い合わせ管理ツールを上手に正しく活用することで、業務を効率化することが可能となり、よりプラスとなる情報を容易に得ることができるのです。

問い合わせ管理ツールを正しく活用するためには、まずは、自社の目的を理解することがとても重要です。目的を理解し、今何を必要としているのかしっかりと分析する必要があるのです。自社の求めるニーズと一致した問い合わせ管理ツールを選択し、業務の効率的に進めていきましょう。