yaritoriの費用対効果を教えてください

「yaritori」の導入で解決できる課題は「問い合わせ対応の質・スピード感の改善」になります。

以下に一般的に問い合わせ対応までにかかる工数から、導入後に見込める工数削減量を定義し、削減できる工数とコストパフォーマンスの観点で費用対効果を算出しましたので、参考までにご確認くださいませ。

【10人の利用と仮定した場合】
業務時間440時間の削減(1人につき、44時間の削減が可能)
月あたり88万円の稼働工数を削減(時給2,000円に定義)

詳細な計算式は以下の通り。

導入前導入後
メール選別3分1分
メール作成5分49秒2分
過去履歴の確認(見返し作業)3分1分

導入前は1件のメールで約12分程度かかっていた工数が、導入後は1件のメールで約4分程度まで削減される想定になります。

「yaritori」に関しては、文章作成はAI機能、管理・過去履歴の確認も簡単にできるUI設計できるため、想定の見込める効果は上記の通りになります。


※一日のメール対応の工数については以下のデータを元に算出しております。
一日のメール対応の定義(※ビジネスメール実態調査より)
平均メール送信数:約15件
平均受信数:約50件

yaritori(ヤリトリ)は、
情報共有の迅速化や、問い合わせ対応の効率化を実現します。
Eメールを中心とした社内外の「やりとり」そのものを、
もっとよい体験にすることを目指しています。

無料で7日間お試しいただけます。
資料請求もお気軽にご依頼ください。

03-6843-3640
受付時間:平日10:00 - 17:00(年末年始除く)