Gmail「メール送信者のガイドライン」には対応してますか?

はい、対応しております。

Goolgeは、2023年10月に、新たなGmailの「メール送信者のガイドライン」を公表しました。

ガイドラインは、Gmailユーザーを「なりすましメール」*1 などから守るために策定されています。個人用のGmailアカウント*2 にメールを送る場合、送信者が満たすべき要件を定めています。ガイドラインの要件を満たさない場合、送信メールが迷惑メールに分類される可能性などが高くなり、メールが届きにくくなります。

※1 「なりすましメール」とは、実在する企業や組織などを装い詐欺を図るなどの悪意のあるメールを指します。

※2 個人用のGmailアカウントとは、末尾が@gmail.comまたは、@googlemail.comのアカウントを指します。法人で有料契約している@onebox.tokyoのような独自ドメインは対象になりません。

詳しい要件は、Google公式の「メール送信者のガイドライン」に関するヘルプページをご確認ください。

「yaritori」では、すべてのメール送信者の対応が必要な電子メール認証(SPF / DKIM /DMARC)を実現する機能を実装しています。

また、マーケティング部などが会社ドメイン(onebox.tokyo)から、1日あたり5,000件以上のメールを送信している場合、個別のメールについてもプロモーションメールと判断される可能性がございます。

「yaritori」では、個別メールについても、ユーザーがメールの配信解除をすることができるようにする「ワンクリック購読解除」機能を実装しています。


参考記事|「Gmailの「メール送信者のガイドライン」とは?2023年10月の変更理由と対応事項


yaritori(ヤリトリ)は、
情報共有の迅速化や、問い合わせ対応の効率化を実現します。
Eメールを中心とした社内外の「やりとり」そのものを、
もっとよい体験にすることを目指しています。

無料で7日間お試しいただけます。
資料請求もお気軽にご依頼ください。

03-6843-3640
受付時間:平日10:00 - 17:00(年末年始除く)