0円都市開発合同会社|土地検討のお客さまとの連絡で活用

0円都市開発合同会社さまは、不動産を0円でもいいから処分したい人と、その物件を活用して事業をしたい人や移住したい人をマッチングする「みんなの0円物件」を運営している会社です。

世間的な関心の集まっている「空き家問題」の解決策として、新興経済メディアNewsPicksにも掲載された注目企業です。


「yaritori」を不動産をあげたい人や取得を検討している人などへの連絡ツールとしてご活用いただいております。今回はメール共有システム「yaritori」をご導入いただいている企業として、「0円都市開発合同会社」の代表 中村さまに取材させて頂きました!

御社の業務内容について教えてください。


当社は、「みんなの0円物件」という、タダでもいいから不動産を処分したい人と、その物件を活用して事業をしたい人や移住したい人などをマッチングさせるサービスを提供しています。

不動産は固定資産税や管理費など維持するだけでも費用がかかります。主に地方にある、売りたくても売れない不動産を物件オーナーからの依頼を受けて掲載しています。

昔ながらの日本家屋もあれば、温泉引き込みができる土地など、さまざまな物件があり、サービスを開始してから3年半で800件の物件を取り扱う規模まで成長しています。

「yaritori」をどのようにご活用いただいておりますでしょうか?

不動産のオーナーから物件を掲載したいという依頼が来たら、原稿を作成し、問い合わせ対応からマッチングのお手伝い、契約対応までをサポートしています。

サービスサイトに設置しているフォームから問い合わせが入り、noitonで物件ごとの進捗などを管理しながら、yaritoriでメール対応をしています。

外部の委託先を含め5名でサポート対応をしているのですが、yaritoriのチャット機能などを活用しながら返信の指示を出しています。

よくある質問や問い合わせ内容については、状況ごとにテンプレートを複数作っているので、テンプレート機能を使って業務効率化を実現しています。

なぜ「yaritori」をご導入しようと思ったのか教えてください。

サポート対応を一人で行っていくのは難しいので、共有のアドレスを複数人で共有・管理できるサービスを探していました。

はじめは、問い合わせフォームに付随しているメール対応サービスを使用していたのですが、添付できるファイルは1件までなど、さまざまな点で使い勝手が悪かったのが問題でした。

そこで、メール対応に特化しているサービスを探したところyaritoriを見つけました。

「yaritori」を導入してみてどうでしたか?

不動産オーナーとのやりとりを進捗状況に合わせて管理できるようタグやテンプレートを活用しているので、もうyaritoriがないと業務が回りません!


いくつか改善してもらいたい機能はあるものの、頻繁にアップデートもあるので今後の改善が楽しみです。

メールを共有•管理できるようになり、問い合わせ対応を効率化できたことはもちろんのこと、グループチャット機能で業務委託のメンバーと連絡を取れるのも便利ですね。

「yaritori」導入の決め手はありましたか?

外部の会社の人にも使用してもらうため、誰にとっても使いやすいサービスである必要がありました。

「yaritori」はシンプルな画面デザインで直感的に操作できるため、サービスの使い方を説明しなくてもすぐに利用できたのが決め手になりました。

チームでのメール対応を
かんたんに。

yaritoriは“使いやすさ”で選ばれる
シンプルなクラウド型メールサービスです

株式会社ツナググループHC|業務代行サービスのメール対応で活用
導入事例TOP

yaritori(ヤリトリ)は、
情報共有の迅速化や、問い合わせ対応の効率化を実現します。
Eメールを中心とした社内外の「やりとり」そのものを、
もっとよい体験にすることを目指しています。

無料で14日間お試しいただけます。
資料請求もお気軽にご依頼ください。

080-7571-3715
受付時間:平日10:00 - 17:00(年末年始除く)