ビジネスチャット連携について教えてください

yaritoriはビジネスチャットとして利用できる点に加え、外部のビジネスチャットと連携することも可能なサービスです。

ビジネスチャットの外部サービスに関しては「Slack」「Chatwork」との連携が可能です。

それぞれについて具体的にご紹介いたします。

【Slack】
yaritoriとSlackは2パターンの連携ができます。

①yaritoriでコメントや担当者の設定がされた場合に、任意Slackチャネルに通知する
②yaritoriに届くすべてのメールを任意のSlackチャネルに転送する

Slack連携は、Slackを利用している企業すべてにオススメの機能で、社内メンバーとの情報共有効率化や、メールの見落としを防ぐことが可能です。
※スタンダードプラン以上で利用可能です。


①yaritoriでのアクションを任意のSlackチャネル通知

yaritoriでコメントや担当者の設定がされた場合に、任意のSlackチャネルに通知を飛ばすことができます。差出人・件名・メール本文・アクション内容(〇〇がコメントでメンションなど)がSlackに送られます。

yaritoriへのリンクもついているので、ワンクリックでyaritoriを確認することもできます。これにより、普段Slackで業務を行なっているメンバーへの情報共有や、自分宛のメッセージの見落としを防ぐことができるようになります。

通知先は、プライベートチャネルを含む全てのチャネルと、アプリ(Slackに表示されるyaritoriアプリ内で自分のみが確認できます)より選択できます。

②yaritoriに届くすべてのメールをSlackチャネルに転送

yaritoriで受信したメールを、メールアドレスごとに任意のslackチャネルに転送することができます。差出人・件名・メール本文などを確認でき、Slackからメールの返信や、ステータスの変更もできます。slackで実施した作業はyaritoriでもシームレスに反映されます。

これにより、普段Slackで業務を行なっている方はSlackから離れずにメール対応をすることが可能です。

 

【Chatwork】

yaritoriでコメントや担当者の設定がされた場合に、任意のルームに通知を飛ばすことができます。

日時やステータス、担当者に誰を設定したかなどが通知され、アクションが実行された該当メールへのリンクもついています。Chatworkで業務を行なっているメンバーへの情報共有や、自分宛のメッセージの見落としを防ぐことが可能です。

 

yaritori(ヤリトリ)は、
情報共有の迅速化や、問い合わせ対応の効率化を実現します。
Eメールを中心とした社内外の「やりとり」そのものを、
もっとよい体験にすることを目指しています。

無料で7日間お試しいただけます。
資料請求もお気軽にご依頼ください。

03-6843-3640
受付時間:平日10:00 - 17:00(年末年始除く)