独自ドメインとは?ビジネスにおける必要性と取得方法

独自ドメインとは?ビジネスにおける必要性と取得方法

独自ドメインの取得は、Webサイトの信頼性を向上させ、SEO効果を高めるために重要です。商用利用やセルフブランディングを目指す場合、独自ドメインの取得は欠かせません。しかし、費用がかかる点や管理の手間があるため、慎重な検討が必要です。

本記事では、独自ドメインのメリットとデメリット、さらに導入方法や活用方法まで詳しく解説します。

yaritori」は、「support@」や「sales@」のような代表メールアドレスを複数人で管理できるビジネス用メールソフトです。会社の立ち上げ期や中小企業では、さまざまな業務が混在し、メールの管理/対応も煩雑になっているのではないでしょうか?

yaritoriでは個人メールに加えて代表メールを社員メンバーと共有しながら、抜け漏れなく対応できます。営業やカスタマーサポートなど、お客さま対応が業務の中心の場合にはとくにおすすめです。

サービスの詳細や導入事例がわかる資料を無料で提供していますので、ぜひ資料をダウンロードして業務改善にお役立てください。

独自ドメインとは

ドメインとは、インターネット上の住所をわかりやすく示したものです。

独自ドメインは、アルファベットや数字など好みの文字列を組み合わせて取得できるオリジナルのドメインで、世界でひとつしか存在しません。

取得した後は、年ごとに更新を行うことで、継続的な利用が可能です。

共有ドメインとの違い

ドメインは、独自ドメインと共有ドメインの2種類にわけられます。独自ドメインは、個人や企業が単独で所有するもので、資産価値があり、一定の料金支払うことで専用のドメインとして継続的に利用できます。

一方、共有ドメインはひとつのドメインを複数のユーザーで共有するもので、たとえば「https://【任意の文字列】hatenablog.com/」のように「hatenablog.com/」というドメインを共有します。独自の文字列が使えず自由度が少ないのが特徴です。

無料で利用できる場合がほとんどですが、カスタマイズ性が低く、SSL証明書を取得できないこともあります。そのため、サイトの閲覧が正常に行えなかったり、暗号化通信ができなかったりと、セキュリティ面での問題が発生し、信頼性の低下につながる可能性が高いです。

共有ドメインは、技術的なスキルがなくても簡単に設定でき、自分でドメインを管理する必要がないため、初心者やコストを抑えたい場合には便利です。しかし、独自ドメインの方がプロフェッショナルなイメージを強化し、信頼性を高めるために適しています。

独自ドメインの費用

独自ドメインを所有および使用するには、主に次のようなコストがかかります。

新規取得費用……一般的な「.com」や「.net」などは1,000~3,000円程度。国コードトップレベルドメイン(ccTLD)である「.jp」などの場合は、2,000~10,000円ほどかかることがある。
更新費用……「.com」や「.net」などは2,000~2,500円程度。「.jp」や「.co.jp」だと3,000~5,500円ほどが相場。基本的に1年ごとに発生するが、2年、3年など長期間契約を結ぶと更新費用が割安になるため、長期的に使用する場合はまとめて支払うほうが経済的。
移管費用……ドメイン管理会社を別会社に変更する際に発生し、1,000~5,000円程度かかる。

独自ドメインの費用は、新規取得だけでなく、継続的に発生する更新費用を含めて考えることが重要です。長期的な利用を前提に、トータルコストを試算して計画的に管理しましょう。

独自ドメインを取得するメリット

共有ドメインとは異なり費用がかかりますが、多くの企業や個人がWebサイトを開設する際に独自ドメインを選んでいます。

これは、独自ドメインを取得することに次のメリットがあるためです。

独自ドメインを取得するメリット

以下では、そのメリットについて詳しく解説します。

信頼性の向上

独自ドメインは自由に文字列を組み合わせられるため、ユーザーに覚えやすいブランド名を設定できます。これにより、検索エンジンに信頼性が高いと判断されることが多いです。

また、独自ドメインはSSL証明書を取得でき、Webサイトとユーザー間の通信を暗号化することでデータ漏洩を防げる点も魅力です。高いセキュリティと信頼性は、商品やサービスを提供するサイトや企業のホームページにとって不可欠な要素となります。

ブランド認知度の向上

独自ドメインは短くわかりやすくできるため、ブランド名を使用して覚えやすいドメイン名の設定が可能です。これにより、ユーザーは一目でそのブランドのサイトであることを認識でき、アクセス率の向上が期待できます。

さらに、自社のブランド名をドメイン名に組み込むことで、ユーザーへの認知度を高めることも可能です。

また、検索エンジンはドメイン名とキーワードが一致しているWebサイトを高く評価する傾向があるため、検索結果で上位に表示されやすくなり、ブランドの認知度が自然と拡大します。

SEO的に有利

独自ドメインは、検索エンジンから高い信頼性を持つと認識されやすく、SEOにおいて有利な傾向があります。共有ドメインを使用すると、検索エンジンは同じドメインを一括して扱うため、同じ業種や商品を扱うサイト間での上位表示争いが発生し、結果的に上位に表示されるのが難しくなります。

独自ドメインを使用すれば、希望するキーワードをドメイン名に自由に含めることができ、検索エンジンがWebサイトの内容を理解しやすくなります。ライバルの影響を受けにくくなるため、検索結果で上位表示が期待できるでしょう。

独自ドメインを取得するデメリット

独自ドメインはWebサイトの価値を高めるために有効ですが、取得する前に知っておくべきデメリットが3つあります。

独自ドメインを取得するデメリット

以下では、そのデメリットについて詳しく解説します。

コストがかかる

独自ドメインを取得する際には、初期費用、更新費用、管理費用が発生します。ドメイン名や取得期間によりますが、独自ドメインの初期費用は年額数百円から数千円程度が一般的です。さらに、ドメインには有効期限があるため、期限が切れる前に更新手続きを行う必要があります。更新費用の相場は、年額数百円から数千円程度です。

また、独自ドメインの管理や設定は自身で行う必要があり、これに伴う管理ツールやサービスを利用する場合、その費用も追加されます。共有ドメインは無料で利用できることが多いため、これらのコストがかかる点は独自ドメインのデメリットといえるでしょう。

管理が必要

独自ドメインを取得する際のデメリットのひとつは、ドメイン管理を自身で行わなければならない点です。具体的には次のような作業があります。

・ドメインの更新
・DSNの設定
・メールアカウントの設定
・SSL証明書の取得
 など

これらの管理作業を怠ると、ドメインの有効期限切れやDNS設定の誤りにより、Webサイトが閲覧できなくなったり、メールが使用できなくなったりする可能性があります。また、SSL証明書の取得を怠ると、Webサイトのセキュリティが低下し、ユーザーの信頼を失うかもしれません。

このように、独自ドメインの管理には時間と労力がかかるため、しっかりと管理できる体制を整えることが重要です。

技術的な知識が求められる

独自ドメインを取得してウェブサイトを運営するには、HTMLやCSSなどの基本的なウェブプログラミングの知識が必要です。さらに、ウェブサイトのデザインや機能をカスタマイズする際には、より高度な技術的知識が求められます。

このため、技術に不慣れな人にとっては、独自ドメインの管理や運営が難しく感じられるかもしれません。

独自ドメインの取得方法

独自ドメインは以下の3つのステップで取得できます。

1,ドメイン名を選ぶ
2,希望するドメインが取得可能か確認する
3,ドメインを取得する

それぞれのステップについて詳しく確認していきましょう。


独自ドメインの取得/利用の流れについては以下をご覧ください。
独自ドメイン取得サービスおすすめ10選|選び方のコツも解説


ドメイン名を選ぶ

まず、希望するドメイン名を決めます。ドメイン名は覚えやすく、わかりやすい名前にすることがポイント。Webサイトに関連した内容であることが望ましいです。たとえば企業名やブランド名など関連するキーワードを含めるとよいでしょう。

また、ドメインには「.com」や「.co.jp」など多様な種類がありますが、中には取得できる条件が設けられている場合もあります。たとえば「.co.jp」は日本国内に登記されている企業しか使用できません。これらのルールを遵守しながら、信頼性の向上が期待できるドメイン名を決定しましょう。

希望するドメインが取得可能か確認する

希望するドメイン名が決まったら、次にそのドメイン名が取得可能かを確認します。独自ドメインは唯一無二であるため、他の人がすでに取得していると使用できません。

空きドメインを検索するツールを利用すると、取得可否を調べられます。検索ボックスに希望するドメイン名を入力するだけで、簡単に確認できるため試してみましょう。

ドメインを取得する

希望するドメイン名が空いていたら、ドメイン専門会社かレンタルサーバー会社を通じてドメインを取得します。それぞれのメリットデメリットは以下の通りです。

サービスの種類メリットデメリット
ドメイン専門会社・ドメインの選択肢が多い
・サーバーとドメインを別々に管理できるため、運用の柔軟性が高い
・サーバーを移行してもドメインを変更する必要がない
・専門的な支援を受けられる
・レンタルサーバーを別に契約する必要があるため、手続きが複雑になりがち
・サーバーとドメインを分けて管理するため、管理が複雑化しやすい
・企業によっては、ドメイン料金が高くなる
レンタルサーバー・サーバーとドメインを一緒に契約できるため手続きや管理が簡単
・企業によってはドメイン料金が割安になる
・サーバーを移行する際には、ドメインも一緒に移行する必要がある
・サーバーのトラブルがドメインにも影響を及ぼす可能性がある
・自由度が制限されることがある

用途や予算に応じて、どちらのサービスを選択するかを考えましょう。

独自ドメインの活用方法

独自ドメインは、Webサイトの信頼性向上やSEO効果の向上に欠かせません。さらに、オリジナルのメールアドレスを作成できるなど、多くのメリットがあります。ここでは、Webサイトの作成やメールアドレスの運用など、独自ドメインの具体的な活用方法について詳しく解説します。

webサイトの作成

独自ドメインは、Webサイトやネットショップの運用にも欠かせません。独自ドメインを取得することで、ブログサービスなどの運営元の影響を受けずにサイトを管理できるため、ブランド力や信頼性が向上します。

また、サイトのURLを継続的に使用できるため、ドメインの力が強くなり、検索エンジンからの集客がしやすくなる点も魅力です。さらに、覚えやすいURLでビジネスをアピールできるため、顧客にとってもアクセスしやすくなり、ビジネスチャンスが広がります。

メールアドレスの作成

独自ドメインを使用することで、用途に合わせて自由にドメインを選ぶことができ、専門的なメールアドレスを作成できます。無料のメールアドレスでは、@以降のドメインを選べませんが、独自ドメインなら企業やブランドに合ったドメイン名の使用が可能です。

たとえば、サッカー用品を取り扱う企業が「soccer.shop」というドメインを取得すれば、「info@soccer.shop」のようなメールアドレスを作成できます。さらに、会社や法人の名称を入れた独自ドメインを使用することで、信頼されるメールアドレスが作成可能です。

また、独自ドメインでメールアドレスを作成すると、簡単に2つ目、3つ目のメールアドレスを追加できます。目的に応じて複数のメールアドレスを作成できるため、部署や担当者ごとに専用のメールアドレスを用意することも可能です。

このように、独自ドメインを活用することで、より信頼性が高く、管理しやすいメールシステムを構築できます。

独自ドメイン取得後のメール運用なら「yaritori」

独自ドメインの設定後は、「メール運用の効率化」を意識することが重要です。特に、会社の立ち上げ初期や中小企業では、さまざまな業務が混在し、メールの管理や対応が煩雑になる場合も少なくありません。

yaritori」は、このような課題を解決するためのツールです。複数名対応に適した「対応モレ防止」「誤送信防止」などの機能があり、個人メールに加えて、代表メールを社員メンバーと共有しながら管理することで、抜け漏れなく対応できます。

特に、営業やカスタマーサポートなど、顧客対応が中心の業務におすすめです。

さらに、yaritoriには最新のAI機能が搭載されており、「メール文の自動作成」や「クレームメールの判別」といった便利な機能も利用可能です。これにより、メール対応の効率が大幅に向上し、業務の円滑な運営が期待できます。

まとめ

独自ドメインには、Webサイトの信頼性向上、SEO効果の向上、プロフェッショナルなメールアドレスの取得など、さまざまなメリットがあります。商用利用やセルフブランディングを目指す場合、費用をかけてでも独自ドメインを取得することをおすすめします。ただし、共有ドメインと異なり、取得や更新には費用がかかり、管理にも手間がかかる点に注意が必要です。

メールソフト「yaritori」を活用すれば、独自ドメイン取得後でもメール管理の効率化が図れます。「対応モレ防止」や「誤送信防止」などの機能に加え、AIによる「メール文の自動作成」や「クレームメールの判別」といった便利な機能も搭載されており、複数名での対応に最適です。直感的な操作が可能なため、導入後もスムーズに活用できるでしょう。

問い合わせ対応を
効率化し、
対応漏れをゼロに。

yaritoriは「使いやすさ」で選ばれるメール共有システムです。
複数メールを一元管理し、対応状況を可視化することで、
効率的な顧客対応を実現します。

無料で7日間お試しいただけます。
資料請求もお気軽にご依頼ください。

yaritori(ヤリトリ)は、
情報共有の迅速化や、問い合わせ対応の効率化を実現します。
Eメールを中心とした社内外の「やりとり」そのものを、
もっとよい体験にすることを目指しています。

詳しい機能・料金・事例がわかる!
1分で簡単入力! 資料ダウンロード(無料)
すぐにお試しいただけます
7日間無料で試す

03-6843-3640受付時間:平日10:00 - 17:00(年末年始除く)