フリーメール以外のメールアドレス取得方法とは?独自ドメインの取得方法を紹介

フリーメール以外のメールアドレス取得方法とは?独自ドメインの取得方法を紹介

メールアドレスは大きく分けるとフリーメールと有料メールがあります。新たにメールアドレスを取得したいけれど、どちらを選ぶべきか悩んでいる方も多いかもしれません。

本記事では、フリーメールと有料メールの特徴や、フリーメール以外のメールアドレスの取得方法について詳しく解説します。特にビジネス用途でのメールアドレスの選択に悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

yaritori」は、「support@」や「sales@」のような代表メールアドレスを複数人で管理できるビジネス用メールソフトです。会社の立ち上げ期や中小企業では、さまざまな業務が混在し、メールの管理/対応も煩雑になっているのではないでしょうか?

yaritoriでは個人メールに加えて代表メールを社員メンバーと共有しながら、抜け漏れなく対応できます。営業やカスタマーサポートなど、お客さま対応が業務の中心の場合にはとくにおすすめです。

サービスの詳細や導入事例がわかる資料を無料で提供していますので、ぜひ資料をダウンロードして業務改善にお役立てください。

フリーメールとは

フリーメールは、その名のとおり無料でメールアドレスを作成し利用できるサービスです。メールの送受信だけでなく、ファイルの添付やメール検索など、基本的な機能が充実しているため、個人利用からビジネス用途まで広く使われています。

Webブラウザ上でも利用でき、特定のメールソフトやアプリのダウンロードが不要で、手軽に利用できる点も魅力です。有名なものではグーグルの「Gmail」やマイクロソフトの「Outlook」などがあります。

ただし、フリーメールは、アンチウイルスやフィルタリング、二段階認証などのセキュリティ対策が欠けている場合が多く、セキュリティが弱い傾向があります。ブラウザを通じて利用するため、IDやパスワードがインターネット経由で第三者に盗まれるリスクが高まり、アカウントが乗っ取られる危険性があるかもしれません。

そのため、ビジネスや機密情報のやり取りなど、信頼性が求められる場合には、フリーメールの使用を再検討することをおすすめします。


おすすめのフリーメールについて知りたい方は以下をご覧ください。
おすすめのフリーメール3選を徹底比較!容量・セキュリティ面も解説


フリーメール以外のメールアドレスを取得する方法

フリーメール以外のメールアドレスは主に独自ドメインを利用したメールアドレスとプロバイダー会社のメールアドレスの2種類があります。

独自ドメインを使ったメールアドレス:
まず独自ドメイン取得サービスを利用してレンタルサーバーを借り、独自ドメインの取得が必要です。これにより、専用のドメイン名がついたメールアドレスを作成できます。

プロバイダー会社のメールアドレス:
BIGLOBEやniftyなどのプロバイダーと契約することで得られますが、利用者全員が同じドメインを使用するため、オリジナリティには欠けます。

そのため、より存在感のあるメールアドレスを求める場合は、独自ドメインを使ったメールアドレスの取得がおすすめです。より洗練されたイメージを持つメールアドレスを作成でき、ビジネスやブランドの信頼性を向上させることができます。

フリーメール以外のメールアドレスを取得するメリット

フリーメール以外のメールアドレスの取得には次のメリットがあります。

・信頼性の向上
・ブランド認知度の向上

それぞれについて詳しく確認しておきましょう。

信頼性の向上

有料のメールアドレスサービスには、強力なスパムフィルタリング、フィッシング詐欺対策、エンドツーエンドの暗号化など、高度なセキュリティ機能が標準的に備わっていることが多いです。

これにより、不正アクセスやデータ漏洩のリスクを大幅に軽減し、ユーザーのプライバシーと情報をしっかりと保護できます。

特に、独自ドメインを使用したメールアドレスは、専用のドメイン名を使っていることで取引先や顧客に対して高い安心感を提供し、信頼できる企業であることを強く印象付ける効果があります。

ブランド認知度の向上

メールアドレスに独自ドメインを使用することで、URLをブランドに合わせて作成できます。独自ドメインはフリーアドレスとは異なり、同じ文字列が存在しないため、自社だけのアドレスを作成することが可能です。

これにより、アドレスをみただけでブランドが分かり、認知度の向上にもつながります。さらに、取引先や顧客に対して強く印象を与え、覚えてもらいやすくなる効果も期待できるでしょう。

フリーメール以外のメールアドレスを取得するデメリット

フリーメール以外のメールアドレスの取得には次の3点に注意しておくことが大切です。

・コストがかかる
・管理が必要
・技術的な知識が求められる

それぞれについて詳しく確認しておきましょう。

コストがかかる

フリーメール以外のメールアドレスを利用する場合、初期費用、更新費用、そして管理費用が発生します。長期間の利用を考えると、これらのランニングコストを見落とさないようにしましょう。

また、将来的に利用者数や事業規模が拡大した際、ストレージ容量や追加機能の使用に伴う追加料金が発生することがあります。こうした費用についても事前にしっかり確認しておくことが大切です。

管理が必要

独自ドメインを使用したメールアドレスの場合、ドメインの更新やメールアカウントの設定など、管理作業を自分で行わなければなりません。

これらの作業を怠ると、ドメインの有効期限が切れてメールが使用できなくなる可能性があります。管理には時間と労力が必要となるため、しっかりとした管理体制を整えることが重要です。

技術的な知識が求められる

独自ドメインのメールアドレスを運用するには、初期段階でのサーバー設定が必要です。ドメインの設定やメールサーバーの選定、アカウントの設定など、複数の手順を踏む必要があります。

これらの作業は技術的な知識が求められるため、スムーズな運用を行うためには、ある程度の技術的な知識が必要です。

独自ドメインの取得方法

独自ドメインは以下の手順で取得できます。

1,ドメイン名を選ぶ
2,希望のドメインが取得可能か確認する
3,ドメインを取得する

それぞれの手順を確認していきましょう。

ドメイン名を選ぶ

ドメイン名を選ぶ

引用:エックスドメイン

まず、希望するドメイン名を決定します。ドメイン名は覚えやすく、わかりやすいものにすることが重要です。企業名、ブランド名、商品名、または関連するキーワードを取り入れるとよいでしょう。

ドメインには「.com」や「.co.jp」など多様な種類があり、それぞれに特有の制限があります。たとえば「 .jp」は日本に住所がある組織や個人のみ使用可能であり、「.co.jp」は日本国内に登記されている企業しか使用できません。これらのルールを守りながら、信頼性の向上が期待できるドメイン名を選びましょう。

希望するドメインが取得可能か確認する

希望するドメインが取得可能か確認する

引用:エックスドメイン

次に、希望するドメイン名が利用可能かを確認します。独自ドメインは一度取得されるとその人だけのものになるため、すでに使用されている場合は選ぶことができません。これを調べるには、空きドメインを検索するツールを活用します。検索ボックスに希望するドメイン名を入力するだけで、簡単に確認できるので試してみてください。

ドメインを取得する

希望するドメイン名が空いていたら、独自ドメイン取得サービスを選んで契約手続きをします。独自ドメイン取得サービスは、ドメインの取得に必要な各種手続きを代行してくれるサービスです。

代表的なサービスには「エックスドメイン」、「ムームードメイン」、「お名前.com」などがあります。各サービスの費用や機能は異なるため、それぞれの特長を比較して最適なサービスを選びましょう。

おすすめの独自ドメイン取得サービス

さまざまな会社が独自ドメイン取得サービスを提供しているため、どのサービスを選べばよいかわからない人もいるかもしれません。各サービスによってドメイン取得や更新にかかる費用や取得できるドメイン種類が変わるため、事前におすすめサービスを調べておくことが大切です。

以下のページでおすすめの独自ドメイン取得サービスをいくつかご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。


独自ドメインを取得する際のおすすめサービスについては以下をご覧ください。
独自ドメイン取得サービスおすすめ10選|選び方のコツも解説


独自メールアドレスを取得した後の運用なら「yaritori」

yaritori」は、チームでのメール管理を効率化するメール共有システムです。ステータス管理により重要なメールの対応漏れを防ぎ、チーム全体でメールを一元管理します。最新のAI技術を使った「メール文の自動作成」や「クレームメールの判別」などの便利な機能も搭載されている点も魅力です。

特に新しいビジネスの立ち上げ時や、新部署の設立初期には、メールアドレスの管理が複雑になりやすいです。そうした状況で「yaritori」を活用すれば、チーム内のコミュニケーションが円滑になり、情報共有がより効果的に行えます。

「yaritori」には7日間の無料トライアルがあり、最短1分で必要な設定が完了するため、まずは使ってみたい、という方はぜひ試してみましょう。

まとめ

フリーメール以外のメールアドレスの取得には、独自ドメインを使う方法とプロバイダー会社のサービスを利用する方法があります。独自ドメインは、専用のドメイン名を取得することで、ブランドの信頼性と認知度を向上させることが可能です。

一方、プロバイダー会社のメールアドレスは契約するだけで取得できますが、オリジナリティに欠けます。

ビジネス用としてメールアドレスを取得するなら独自ドメインを使ったメールアドレスがおすすめです。また、メールアドレス取得後の運用についても考慮しておくことが大切です。

メール共有システムの「yaritori」を使えば、煩雑になりがちなメール管理を効率化できます。7日間の無料トライアルもあるので、実際に効率化を体験してみてください。

問い合わせ対応を
効率化し、
対応漏れをゼロに。

yaritoriは「使いやすさ」で選ばれるメール共有システムです。
複数メールを一元管理し、対応状況を可視化することで、
効率的な顧客対応を実現します。

無料で7日間お試しいただけます。
資料請求もお気軽にご依頼ください。

yaritori(ヤリトリ)は、
情報共有の迅速化や、問い合わせ対応の効率化を実現します。
Eメールを中心とした社内外の「やりとり」そのものを、
もっとよい体験にすることを目指しています。

詳しい機能・料金・事例がわかる!
1分で簡単入力! 資料ダウンロード(無料)
すぐにお試しいただけます
7日間無料で試す

03-6843-3640受付時間:平日10:00 - 17:00(年末年始除く)