yaritori

導入インタビュー記事掲載のお知らせ

いつも「yaritori」をご利用いただきありがとうございます!
この度、yaritoriを導入頂いている企業さまに、導入背景・活用シーン・効果などをお伺いし、どのように業務効率化を実現しているかインタビューさせて頂きましたのでお知らせします。

「yaritori」の導入を検討している企業さまに参考になる記事となっておりますので、ぜひご覧ください。

株式会社ONO plus 

株式会社ONO plus様の皆さま

・1969年創業(本社:京都)
・業界:メーカー(プラスチックフィルム加工事業を展開)
・規模:300名以下

yaritoriを新規のお客さまからの問い合わせ対応や事務管理でご活用。以前は、個人アドレスで業務推進していたが、対応漏れや事故など様々な問題が発生。他社ツールなども検討したが使いやすさが決め手でyaritoriを導入。月88時間の業務時間を削減し、社員が定時で帰れるように。メール返信の催促メールも1週間で15-20件から0になる効果も。

インタビュー詳細はこちら

株式会社MFS


・2011年創業(本社:神奈川)
・業界:サービス(不用品の回収サービス事業を展開)
・規模:50名以下

yaritoriをサービスサイトからの新規問い合わせ窓口でご活用。以前は他社のメール共有システムを使用していたが、問い合わせ発生からメール受信まで、ラグが発生してしまう課題が存在。機会損失を避けるため、サービスの品質の高いyaritoriへ切り替えを決断。前システムの課題であった対応遅れが改善。また、新規問い合わせに直ぐに反応でき、案件獲得までスムーズに対応可能に。

インタビュー詳細はこちら

合同会社Digital Style


・2019年創業(本社:宮城)
・業界:サービス(web制作・紙媒体・撮影まで幅広く事業を展開)
・規模:10名以下

yaritoriを新規お客様問い合わせ対応や、案件・事務管理でご活用。以前は、20年ほど前に開発した独自システムを活用しており、メール共有がスムーズにできず、対応スピードや管理の面で課題があった。メール対応効率化に特化した無駄のない設計が決め手でyaritoriを導入。特に、メンション(チャット)ができる共有機能が好評で、チームで協力しながら仕事をする社員の意識付けにも繋がった。

インタビュー詳細はこちら

本日掲載のPR timesもご確認ください。