代表(共有)メールアドレスの作り方を教えてください

代表メールと共有メールは同義で用いられることが多いですが、当社の定義では以下としています。

代表メールアドレス:企業や組織が代表して連絡を受けるためのメールアドレス
共有メールアドレス:複数人で共有するためのメールアドレス

基本的には「共有メールアドレス」の中の用途の一部で「代表メールアドレス」があるという定義になります。

企業の代表メールアドレスの作成方法は「新規でメールアカウントを作成する」というのが一般的な手法になります。代表メールアドレスの主な用途は部署ごとに分けて共通の窓口として活用されることが多く、以下のようなアドレスを利用している企業様が非常に多いです。

◆代表メールアドレス例
・会社全体の代表アドレス:info@~、contact@~
・営業部署の代表アドレス:sales@~
・採用・人事部署の代表アドレス:recruit@~、saiyo@~、
・カスタマーサポート用の代表アドレス:customer@~  

上記のような手法で複数人で共有するメールアドレスを作成することが可能です。
こちらの方法の具体的な手順などについては是非以下の記事をご参考にしてみて下さい。


▼複数人で共有するメールアドレスついて詳しく知りたい方は「共有メールアドレスとは?作り方やメリット・おすすめの活用方法をご紹介!」もご参考下さい。


yaritori(ヤリトリ)は、
情報共有の迅速化や、問い合わせ対応の効率化を実現します。
Eメールを中心とした社内外の「やりとり」そのものを、
もっとよい体験にすることを目指しています。

無料で7日間お試しいただけます。
資料請求もお気軽にご依頼ください。

03-6843-3640
受付時間:平日10:00 - 17:00(年末年始除く)