カスタマーサポートを効率化するには? | オススメの方法とツールをご紹介!

カスタマーサポートは、お客さまからの問合せや要望などに対応するため、自社とお客さまをつなぐ会社の顔となります。ところが、担当者の業務が煩雑になってしまい、お客さまの声を蓄積・分析できていなかったり、お客さま満足度の低下にお悩みの企業も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、カスタマーサポートを効率化するためのオススメの方法やツールをご紹介します。

yaritori」は、カスタマーサポート向けの問い合わせ管理システムです。メール対応状況の可視化や豊富なテンプレート機能などで、カスタマーサポートを効率化することが可能です。

サービス概要・導入事例などがわかる資料を無料でお送りしますので、お気軽に資料請求をしてください。


問い合わせ管理システムについて詳しく知りたい方は、「問い合わせ管理システムとは?主要機能やExcel管理の問題点を解説」をご覧ください。


カスタマーサポートを効率化することのメリット


カスタマーサポートには日々さまざまな問い合わせが寄せられるため、担当者の業務は煩雑になりがちです。まずは、カスタマーサポートを効率化することで得られる具体的なメリットからみていきましょう。

従業員満足度が高まり、離職率が低下する

カスタマーサポート業務は、サービス・商品に関するお客さまの疑問点を解消することからクレーム対応まで多岐にわたります。そのため、従業員は商品知識やお客さま応対スキルの習得など負担も大きく、不満が高まりやすい職種といえるでしょう。

そこで、カスタマーサポート業務を効率よく対応できるようにすることで、本来のコア業務に集中できるようになり、すぐに対応しなくてはいけないというプレッシャーの軽減などにも繋がります。これらは、従業員の満足度向上や、離職率の低下、さらにスキルの定着などにも繋がっていくことが期待できます。

お客さま満足度が高まり、収益性が向上する

カスタマーサポート業務を効率化すると、お客さまの要望に迅速に対応することが可能になります。疑問やトラブルをスピーディに解決してもらえることは、お客さまにとって企業に対する信頼や安心感となります。これにより、クレームの減少やお客さま満足度が高まります。

お客さま満足度の向上は、リピート率の向上や購入頻度の増加につながり、さらには高評価の口コミやレビューが増えることにもつながります。これまで商品・サービスを利用したことがないお客さまが興味を持つきっかけともなるのです。

製品・サービスの改善に活かせる

カスタマーサポート業務を効率化することで、お客さまから寄せられた意見や感想などのリアルな声を、蓄積・分析するといった業務に時間を充てられるようになります。

カスタマーサポートに寄せられる声を適切に管理することで、今後の商品・サービス開発やマーケティング活動に役立てていくことが可能です。

いかがでしょうか?
カスタマサポート業務を効率化することは「離職率の低下」「収益性の向上」「製品・サービスの改善」などへつながることをご理解いただけたと思います。

カスタマーサポートの効率化を図る上での課題

では、カスタマーサポートを効率化するうえでどのような課題があるのでしょうか?詳しくみていきましょう。

カスタマーサポート業務が属人化している

特定の担当者でなければお客さま対応ができないといったことはないでしょうか?「長年勤めている人しかわからない」「過去にどのような対応をしたか担当者しかわからない」といったことはよくある課題です。

業務が属人化していると、担当者が傷病などで突然欠勤となってしまった場合、ほかの社員が代わりに対応することができません。業務負荷の偏りや確認の手間など業務効率が悪くなっていまいます。

社内で情報共有をする仕組み・ルールがない

社内でお客さまからの問い合わせ状況などを共有する仕組みやルールがないことも問題です。情報共有が適切にできていないと、別の担当者が二重対応してしまうといったトラブルや、お客さまに同じ質問を繰り返し聞いてしまうといったことが起こります。

また、緊急性や重要性の高い問い合わせに対応するさいのルールが決まっておらず、上司や管理者とのコミュニケーションが上手く取れないなども課題です。

スタッフによって対応スキル・知識が異なる

カスタマーサポートに携わる人が増えると、対応スキルや知識に個人差が生じます。担当者によって対応・解答が異なると、お客さまが混乱してしまい、不信感や不満を抱いてしまう恐れがあります。

お客さまへの対応は企業の信用やイメージにも関わるため、対応・解答にバラつきが生じないように対応方法やスキルを標準化させることが重要です。

カスタマーサポートを効率化する方法

それでは、こうした課題をどのように解決して、業務の効率化を図ることができるのか、オススメの方法を紹介します。

カスタマーサポートの対応を標準化する

カスタマーサポートのスキルや知識の格差を解消するためには、過去の問い合わせ内容の事例や、これまでの対応に基づいたノウハウを蓄積していくことが重要です。

具体的には、カスタマーサポート業務のマニュアルを作成する、メール返信にテンプレートを活用するなどの方法が挙げられます。


▼カスタマーサポートですぐに活用できるテンプレート例文について知りたい方は、「カスタマーサポートですぐに使える!メール例文を状況別に紹介」もご参照ください。


お客さまが自ら問題を解決できる仕組みをつくる

お客さまが自分で問題の解決方法を知るようにできる仕組みをつくることも重要です。これにより、カスタマーサポートが対応する問い合わせの数自体を減らすことができます。

自社のホームページ内にFAQ(よくある質問)を設置することや、お客さまの声を参考にサービス・商品をわかりやすくすることも重要です。カスタマーサポートへ問い合わせをすることはお客さま自身の負担にもなっていることを理解しましょう。

複数人で問い合わせ対応を実現できるツールを導入する

問い合わせの数が多い方には、複数人で問い合わせ対応を実現できるツールを導入することもオススメです。問い合わせ管理システムには、対応状況の可視化や対応履歴の表示など、複数人での効率的な問い合わせ対応を実現する機能がついています。

上司や管理者の承認機能や、豊富なテンプレート機能なども備わっており、対応漏れや重複対応などの事故を防止し、迅速な問い合わせ対応を実現できるようになります。

問い合わせ管理システムなら『yaritori』がオススメ


yaritori」は、カスタマーサポート向けの問い合わせ管理システムです。問い合わせ対応状況の可視化や豊富なテンプレート機能などで、カスタマーサポート業務を効率化することが可能です。

EC・IT・メーカー・サービスなどさまざまな業界で100社超の企業に利用されています。初期費用・最低契約期間もなく、1ユーザー980円からすぐに利用できます。


サービスの特徴や主要な機能などをまとめた資料を無料でお送りさせていただきますので、少しでも気になる方はお気軽に資料をご請求ください。

yaritori」は、カスタマーサポート向けの問い合わせ管理システムです。メール対応状況の可視化や豊富なテンプレート機能などで、カスタマーサポートを効率化することが可能です。

サービス概要・導入事例などがわかる資料を無料でお送りしますので、お気軽に資料請求をしてください。


▼問い合わせ管理システムについてさらに詳しく知りたい方は、「​​【最新版】問い合わせ管理システム12選を比較!選び方や導入メリットも解説」をご参照ください。


カスタマーサポートを効率化し収益を改善

いかがだったでしょうか?

カスタマーサポートを効率化することで「売上の増加」「コスト削減」などさまざまなメリットがあり、それらをどのように実現するかがおわかりいただけたかと思います。


カスタマーサポートを効率化させるには、問い合わせ管理システムなどのツールの活用もオススメです。この機会にぜひご検討してみてください。


▼その他、カスタマーサポートで活用できるツールの種類や選び方について詳しく知りたい方は「【最新版】カスタマーサポートツール10選比較!種類や選び方をご紹介」をご参照ください。


※本サイトに掲載されている情報は、Onebox株式会社(以下「当社」といいます)または協力会社が独自に調査したものであり、当社はその内容の正確性や完全性を保証するものではありません。

記事の執筆者:メール共有システム「yaritori」メディア編集部
営業・CSなど対外的なメール対応が多い方向けにメール対応を効率化するポイントなどの情報を発信します。複数人でのメール対応や、社内メンバーとのコミュニケーションのお悩み解決をします。

チームでのメール対応を
かんたんに。

yaritoriは“使いやすさ”で選ばれる
シンプルなクラウド型メールサービスです

問い合わせ対応を効率化する方法 |オススメの問い合わせ管理システムもご紹介
顧客対応を効率化する方法 | オススメの問い合わせ管理システムの紹介
メディアTOP

yaritori(ヤリトリ)は、
情報共有の迅速化や、問い合わせ対応の効率化を実現します。
Eメールを中心とした社内外の「やりとり」そのものを、
もっとよい体験にすることを目指しています。

無料で7日間お試しいただけます。
資料請求もお気軽にご依頼ください。

080-7571-3715
受付時間:平日10:00 - 17:00(年末年始除く)